Page: 1/6   >>
すぐに! & みんなで!
昨日の東京での「すぐ!」が、今日の いわき市での「ありがとう!」でした。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

すぐに!そして、みんなで! 動いて下さりました。
その動き、清々しい「皆さんの温かい心持ち」そのものでした。
  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日の午後、SOSメールが入った時、ある方とお話をしていました。
メールをそのままお見せしました。

すると、あっという間でした。
社員の方々も参加して下さりました。

その方から、夜、電話が有りました。
「明日2tトラックに米100kg、その他、水、衣類を用意できます。届けます」と。

そして、今日、市立幼稚園に昼に支援物資が届けられました。

物資を用意して下さっただけでなく、現地へ、届けて下さいました。

なんと云う事でしょう!!!!!

みなさま「本当に」ありがとうございます!
| k-kyokai | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3月27日 幼稚園の先生からメールがありました。
 お元気ですか?
いわきの陽子ですが、いわきは物資が届かず、避難所の世話をしているので、SOSです。物資の寄贈ありがたくお待ちしています

避難所で特に欲しいもの

①下着、服←眠ってる新品があれば
②やっぱり水
③ウエットティッシュなど身体を拭くもの
④パックご飯以外の食べ物飲み物

その他、古着以外何でもありがたくいただきます

取り急ぎ要件のみで失礼します
| k-kyokai | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援物資送付、援助資金ご協力、継続中!
気仙沼への物資、発送完了。
引き続き、物資集めと援助資金を継続します。
ご一緒していただければと思います。
隣人が「Set」しているときへの「私たちができる事」
隣人が「Stand」したときに「私たちができる事」
隣人が「Walk」し始めたときに「私たちができる事」
を継続したいと思います。

ご一緒ください。


| k-kyokai | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
仲間
・20年の付き合いの尊敬する親友プロの写真家
・将来、自衛官を目指している爽やかな北海道出身の青年
・その努力に敬服している起業家でありプロの写真家女史
・親交が20年以上になる大切な友人のビジネスマン
・スロバキアから日本に観光に来ていてこの震災に遭遇した男女
(多くの外国人が東京を去っても平然と東京を2人で観光して、明日離日の二人)

今日、この仲間が、被災地に送る支援物資の梱包を一緒にしてくれました。

和菓子の「いさわ」で名物の「みそまんじゅう」を7個買い、この6人と私で午後のお茶をしました。

スロバキアの2人以外は、
教会とは無関係でも、いつも駆けつけてくれる、私の大好きな、私の大事な仲間です。

お疲れさまでした!!
ありがとうございました!!


| k-kyokai | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
視線
 先週、仙台で炊き出しと食料配布をしていた支援グループが、今週、気仙沼に入りました。
彼等からのリクエストをもとに食料品の買い出しと梱包作業の午後でした。

支援物資の買い物をするということ、やはり、この時期ですから大変です。 
「米は一人一袋までにお願いします」の張り紙。

できるだけ、あちらこちらで買い物をというのにも限界があります。
また、火を通さずとも、すぐに食べられるもの中心に買い物をしますので、同じ系統のをたくさん買わなければなりません。

沢山買い物をすると気が引けます。
買い占めではないのですが、沢山は買い占めに見えるのでしょう、他のお客様からの視線が痛かった今日の午後でした。
| k-kyokai | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
のぞみ
共有していくことで、自分の中に、生きる「心得」が明確になる瞬間。

このサイトをみていて そう想いました。

 http://prayforjapan.jp/message/
| k-kyokai | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この動画をみて、もっと前に進みたくなった今でした。
このサイトへ、ありがとう!です。
それぞれの、やさしさを一緒にして、
みんなで背を伸ばして、「前へ!」の気持ちをいただきました。
| k-kyokai | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
横浜
昨夜、久しぶりの方にお会いするために横浜に行く機会を得ました。
久しぶり・・・お会いできるのを楽しみにしながら。

彼のことばの端々に、大切になさっている奥様、お子様達、皆さんの元気な様子が感じられ、
その和みの中に私も含めてもらっている気持ちになり好い時間でした。

「久しぶり」は、なかなか善いです。
「出会い」は、本当に良いものです
「気持ちの繋がり」を持てる人がいるということは、「素晴らしきかな人生は」です。

横浜から品川まで終電。そして、品川からの山手線も終電でした。



中央キリストの福音教会
| k-kyokai | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6月4日金曜日
日は、8:30から11:00 恵比寿のウェスティンホテルでミーティングがありました。

帰りに、近くの東京都写真美術館で開かれていた古屋誠一メモワール展に立ち寄りました。

写真家の知人に勧められて古屋誠一写真集をはじめてみてから数年になります。

レンズの向こう側に立つ、かけがえのない”愛する人”へ向けたクリスタルのように透明なそして切なくなってしまうほどの美しい優しさ。

やはり衝撃でした。
写真家の魂を感じました。
自分の後から押し寄せるものありました。

写真家の人生を知る知らないにかかわらず、・・・
写真がその人にあまりにも「正直」!!
写真は「向かい合い」にあまりにも「正直」。
・・・と想いながら写真美術館を後にしました。



中央キリストの福音教会


| k-kyokai | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
牧師の務め/今年のレゾリューションとして・・・
奥多摩に移り住んだ写真家のお宅で、冬の竹林の「青」に静かな感動を覚えながら2日間すごしました。

山間部です。
向い側の山に日が沈むと急に、本当に、急に冷え込みました。

山が山らしく、風も風らしいと感動し、澄んだ空気と、彼の居にある50年前の古い囲炉裏端で炭火の暖に酔いました。

不便さと隣り合わせる静かな山間に、彼のぶれない生活と写真道をみました。

そして、「山の幸、川の幸」の温かいもてなしに、人(かれ)の心の豊かさと、人(かれ)の削ぎ尽くした素朴なライフスタイルに、人間の「時のながれ」には「美」があるのを垣間見ました。

これからも、多くの出会いをさせていただく自分の有り様の中に、少しでも「素朴さ」と「和み」が在ることを念じつつお仕事させていただければと願う私です。

私にできることは、ささやかな事です。
が、皆さんと一緒に在ることで、皆さんのために、何らかの、お役になれればと思います。

彼の家の中にある「とある場所の窓ガラス・冬」です。
| sawahata | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode