Entry: main  << >>
寒青(かんせい)

中国上海から来られている友人が言うには、「寒青(ハゥンチン)」の二文字に含まれる意味は次の通りだそうです。

寒:どんな状況でも、変わらずに
  つらい時でも耐えて、変わらずに・・・、
青:ただ生きているだけでなく、いつも青々と、
 (枯れず、青々と)生きている。

・・・・・・・・・・・・・・・

『旅の途中で』(新潮文庫 高倉健)には次のように書かれています。

中国語で何と発音するのか知りませんが、
漢詩の中の言葉で、「冬の松」を表すそうです。

凍てつく風雪の中で、
木も草も枯れ果てているのに松だけは青々と生きている。
一生のうち、どんな厳しい中にあっても、
自分は、この松のように、
青々と、
そして活き活きと人を愛し、信じ、触れ合い、
楽しませるようにありたい。

そんなふうに生きていけたら……。
とても好きな言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・
八芳園のガーデンチャペルの左側にとても素敵な茶室があります。
快く迎えてくださり、
作法にとらわれず
美味しいお茶をいただけます。

風のそよぎを感じ、
木漏れ日の遊びを眺め
一服のなかに戯れの自分を見れたら、
即ち、作法かも・・・と思う小さき自分の目の前に
「赤松」が在ってくれました。


@八芳園
| sawahata | 15:30 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode